植物の葉緑素を通じて太陽光が植物細胞に変換される原理を組み合わせた。米航空宇宙局(NASA)は1999年LEDを皮膚や筋肉に透過すると、普段より3倍ほど早く成長するという研究結果を発表した。

そのような原理を適用し、LEDの多様な光源の光が痛みのない非侵襲な方法で皮膚の奥深くまで浸透し、人体の細胞における生化学的反応を促進する。

光源の中でも低い出力のLEDを利用した治療方法であるLLT(Low Level Light Therapy)方式を使用し、傷の危険はなく、専門家ではない個人のスキンケアも可能とした。